コンビニとガイジンのトリセツ

コンビニで感じた事。外国人に感じる事。

◆◆◆CVS◆◆◆ バイトは鈍くてパーが良い

バイトを雇う側(オーナー)の気持ちになって考えてみました。

 

優秀な人間が居てくれた方が店が上手く回るので、自分が楽が出来るのですが、何より大切なのは人が永く勤めてくれる事なんです。

優秀だからと言って手当を出す気などサラサラないですし。

 

となると、他に行く所が無いような人間の方が永く続ける可能性が高いし扱いやすいので、優秀な人間を煙たがる傾向にあるのです。

 

なので、私もなるべく?自分を出さずに機嫌を取るような方向にシフトしています。

以前の私ならば毛嫌いしていた、

『犬っころ』

になり下がった訳です。

 

ただし、そうなっても時給は下がらないし(むしろ上がる可能性すらある)、クビになったり、辞める必要がないので生活は安定します。

いつまでもコンビニで働くわけではないので、犬っころで良いのです。

◆◆◆CVS◆◆◆ 裏の陳列をする愚行

何だか良く分からないのだが、コンビニは店の裏側の陳列(在庫)に手間をかけたがります。

 

まず、とにかく箱を開けたがります。

箱に入ったままだと売れないなどと洗脳されているのだろうが、裏にある状態では箱に入ってようが入っていまいが全く関係がない。

更に在庫のラベルまで揃えてよろこんでいる始末なので、救いようが無い。

 

早く、彼らに付ける薬が開発される事をいのります。

◆◆◆CVS◆◆◆ また本部が余計な事を始める予感

加盟店の負担を減らしますと本部が躍起になっています。

 

一番大きな負担は、客にはとことん弱気で、加盟店には強気な本部の存在そのものなんです。

 

クレーマーには手厳しく対処して、トロい客には自覚を促してレジの効率化と従業員のストレスの低減をすべきなんです。

 

それを行えば、今のシステムでも十分に利益を出す事が出来るのです。

◆◆◆CVS◆◆◆ ファミマのアホ店員

ファミマのファミチキヘルシーが食べたくなったので、休憩時間にファミマに行きました。

 

2個注文して、ソースをくれるように頼んだら、

『これは、そのまま食べるものなんですよ』

『ソースはコロッケ用にしか用意してません』

とか能書きをたれました。

 

食べてみたら、スパイスが効いてて、確かにそのままでも美味しかったのですが、私ならこう言いいます。

『そのままでも美味しいので、ソースを付ける前に、そのままで食べてみて下さい。

『ソースもお付けしておきますね。』

 

客がソースが欲しいと言ったら、あだこだ言わずに付ければいいじゃん。

その上で、自分のアドバイスを言えば良い。

 

コンビニ店員によくいる、アホアホ店員でした。

◆◆◆CVS◆◆◆ フライヤー什器を磨いてあげました。

今日は日曜日なので、やる事がなく、あまりサボっていると指摘を受けるので、しょうがないのでフライヤー什器を磨いてあげました。

 

せっかくの新品のピカピカ什器(新店)なのに、開店してから一瞬でコテコテになってますね。

まあ、清掃に価値を見い出せないのだからしょうがないですけど、

よくもまあ、こんな汚い什器で商品を売る気になるなと感心します。

コンビニのモラルってのは、この程度です。

 

本当は消耗品で発注できる激落ちくんで掃除をするのですが、当然の事ながらありません。

それどころか、皆さん、ニセモノの激落ちくんが大好きで、100円ショップで買ってきます。

私は職人上がりなので、ニセモノだとすぐに分かります。

安くても汚れ落ちが悪ければ意味ないのに、頭悪いんじゃね?

 

しょうがないので、ジフを店内で自分で購入して磨きました。

あまり根を詰めてやると長続きしないので、少しだけやりました。

当然ながらピカピカになり、特に前面ガラスを磨くと少しだけ売れ行きが違って来ます。

 

たいていの経営者は人件費を削る事しか考えません。

でも、それでは人材が流出してしまい、残るのはアホのイエスマンだと言う事を分かった方が良いです。

コンビニごとき、アホばっかりでも回るには回るんですけどね。

客もアホだから。

◆◆◆賃金◆◆◆ 最低賃金と年功序列賃金

結論から言う。

年功序列賃金は正しい。

 

歳を食っているからとか、長年やって

いるからなどの理由からではない。

 

年長者には年長者の強みがある。

皆が皆、強みを持っている訳ではなく、使えない年長者も数多くいるが、だからと言って年長者と若年者が給料が同じで良いと言う事にはならない。

 

能力のない年長者に無駄な賃金を払う事にも意味がある。

組織の維持、職務の遂行や指示系統の為のランク付けだ。

 

また、長年勤め上げなければ給料は上がらない、逆に長年勤め上げれば給料は上がる。

こうする事により人材の流出に歯止めを掛けて、ひいては無駄の削減につながるのだ。

 

もちろん、若年者でも能力の高い者はいるだろうが、果たしてそのような人間が、いつまでも同じ会社にいるだろうか。

能力の高い者にはそれなりの将来のヴィジョン(幹部への道)を示してやれば良く、最初から高い給料を払う必要はない。

 

それを邪魔しているのが最低賃金の制度だ。

これは悪法以外の何者でもなく、やるのであれば最低賃金と同時に年功加給もやる必要がある。

 

まあ、頭の良い経営者は、わざわざ法律で決めなくても、自分なりの方法で人材を集めて維持しているだろうとは思いますが。

◆◆◆CVS◆◆◆ なぜ女性店長はアホアホビームを出しているのか

大抵のコンビニは、

店長=女性=オーナーの嫁か娘

なのだが、どうして揃いも揃ってアホアホビームを出しているのだろうか。

マジでキモいんだけど(笑)

 

まあ、理由は分かり切っているのだが、ロクな社会経験もなく支配的立場に就くからである。

 

社会経験が乏しいから、物事の『ほど』が分からずに、思いつきで無意味な事(もしくは自分の主観に基づく趣味)を支配的立場を利用して従業員に押し付ける。

 

オーナーも直接本人に関わると、ヒステリーを起こすので厄介だから見て見ぬふりをするか、店長の主観を押し付けられた従業員の方をケアする方法を取るから、手が付けられない。

 

コンビニなどシフトが回ればそれで良く、上手く回るように仕組み作り(教育を含む)をすれば良いのだ。

 

思いつきや思い込み、本部社員に洗脳された指示を出す店は従業員の定着率が悪い。